スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

降下放射能と戦後日本の癌患者数の推移

下のグラフは日本人の死因別の死亡率の年毎の推移だが、戦後は黄色線で示されているガンでなくなる人が右肩上がりで急上昇している。
これを生活習慣病や食物のせいにする論は多いが、さらに下の「年代別のセシウム、ストロンチウムの降下量のグラフを見ていただきたい」
ca0ff6ef.gif
厚生労働省/人口動態調査/ 平成21年人口動態統計/死因年次推移分類別にみた性別死亡数及び率

降下量が最多だったのは1950年代から1960年代であることがわかる。今から約50年前のこと。当時生まれた人ならば現在50~60歳代となる。
言わずもがなでご存知であると思うがガン患者の多くは中高年世代である。また最近では20歳代から女性の乳癌患者が増加しており、3.11震災直後にタイミングよく連続放送された仁科亜季子親子出演のACの乳癌検診のCMからもその増加がうかがえる。
fallout2.gif
週間ポスト2011/7/22・29号記事「50年前の日本は「放射能まみれ」だった」(P36~37)より引用

fallout.gif
週間ポスト2011/7/22・29号記事「50年前の日本は「放射能まみれ」だった」(P36~37)より引用

降下量のグラフを見ると1950年代から1960年代という長期にわたり多量の放射性物質が降下し同時に被曝していたことになる。
今日のがん患者の多くは当時生まれ成長期を過ごした団塊の世代であり、増える乳癌患者は団塊ジュニア世代であることから放射能の影響を受けた結果と考えられる。
ここで指摘したいのは今回の福島原発事故の放射性物質の降下量はグラフの最高値である1960年代やチェルノブイリ原発事故当時の降下量をはるかに上回ると思われることだ。
1950年代~1960年代の核実験による放射性物質の量とチェルノブイリ事故の際の量が同レベルであるのだが、チェルノブイリは日本から8000km離れているにもかかわらず、福島と沖縄那覇は1700km、那覇と知床岬は2500km程度の距離しか離れていないため今回の放射性物質の降下量は戦後最大級になると考えられる

上の死因別死亡率のグラフのがん患者で亡くなった方の推移をみると尋常ではない急増ぶりだが今後はさらなる上昇が予想できてしまう。




ご覧いただきありがとうございます。
より多くの方に知っていただきたいと思いブログランキングに参加しております。ご賛同いただけましたらクリックしていただけると、順位が上がり多くの方の目に留まりやすくなります。
よろしくお願いいたします。

2011年3月/福島原発事故 ブログランキングへ
にほんブログ村 健康ブログへ にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村   にほんブログ村

福島県の子供の尿からセシウム検出

やはりでましたね。
尿で体外に排出されるならまだましで、体内に残留、蓄積され癌、白血病、各種障害をもたらすので学校単位での調査と移住の検討を。


毎日新聞記事
http://mainichi.jp/select/weathernews/20110311/radioactive/news/20110701k0000m040050000c.html
---------------以下引用---------------
放射性物質:6~16歳尿からセシウム 福島市民団体調査

 福島県内の保護者らで作る市民団体「子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク」などは30日、福島第1原発事故の子どもたちへの影響を調べるため、福島市内在住の6~16歳の男女10人の尿検査を実施したところ、全員から放射性物質のセシウムが検出されたと発表した。同ネットワークは「福島市や周辺の子供たちも内部被ばくしている可能性が高い」として、全身の内部被ばく線量を測るホールボディーカウンターによる早期の検査実施などを求めている。

 会見した同ネットワークによると、5月20~22日に採った尿を放射性物質を調査するフランスの民間団体「ACRO(アクロ)」に依頼して解析。セシウム134(半減期2年)が1リットルあたり0.41~1.13ベクレル、セシウム137(同30年)が、1リットルあたり0.43~1.30ベクレルだった。ACROのデービッド・ボアイエ理事長によると、事故前はゼロだったと推測されるという。

 今回の測定値について、内閣府原子力安全委員会の班目春樹委員長は30日の臨時会議後、「十分低い値。健康への影響は疫学的に考えられない」との認識を示した。そのうえで、継続的に子どもの健康を管理するシステムを構築するよう国に求めた。【久野華代、比嘉洋】
---------------引用終わり---------------

あまりに残酷すぎる東海村JCO臨界事故

 現在も、福島原発の事故現場では東電の社員の代わりに作業を請け負われた方々が放射能処理にあたってくださっています。しかし彼らは高レベルの被曝の結果を知らないために契約をしたのでしょう。
 マスコミが「下請け作業員」という代名詞で語り、視聴者はさも「少しきつい仕事、危険な仕事」という認識でいる「作業を請け負われた方々」。
 当初から彼らの状況、状態に関してほとんど報道されることはありませんでした。そのため多くの人々は「少しきつい仕事、危険な仕事」という程度の憶測を働かすに過ぎません。
 
 ↓は1999年9月30日に発生した東海村JCO臨界事故で作業にあたっていたかたの被曝からの経過画像です。
http://livedoor.2.blogimg.jp/hanagenuki/imgs/0/3/0372602a.jpg

 こんなことをマスコミが大々的に報道できるはずがありません。しかしこれは原子力発電を黙認する国民が知らなければならないことです。

以下引用『NHK「東海村臨界事故」取材班『朽ちていった命──被曝治療 83日間の記録』』

「被曝から50日目の11月18日。下痢が始まってから約3週間後のこの日、ついに下血が始まる。
《下血は1日に800ミリリットルに及んだ。(中略)
 翌19日には胃や十二指腸などからも出血が始まった。
 下血や、皮膚からの体液と血液の浸み出しを合わせると、体から失われる水分は1日10リットルに達しようとしていた。》(118〜120ページ)

被曝から59日目の11月27日、ついに心肺が停止する。
《心臓が停止していた時間は合計で49分、自発呼吸が停止していた時間は1時間35分だった》(143ページ)が、医療スタッフの蘇生措置によって自発呼吸は再開する。
しかし、この状態を「生き返った」と呼ぶのは難しいだろう。

《臨界事故で全身に被曝した患者で、これまでもっとも長く生存したケースは9日間》(104ページ)だという。
医療スタッフの努力には敬意を表しつつも、私には疑念が消えない。大内は「死なせてもらえなかった」のではないか、と。
世界各国から招かれた被曝医療の専門家たちも、額面通り理解すれば治療方法についての意見をきくためであっただろうが、《世界でも例のない患者》(125ページ)についての医学的興味がなかったとは言えまい。

大内自身が、まだ意識があり、言葉を話すことができた時期にこう何度も叫んでいたとナースの記録にある。
《「こんなのはいやだ。このまま治療もやめて、家に帰る。帰る。」》(76ページ)
《「おれはモルモットじゃない」》(78ページ)

そして、被曝から83日目。
《1999年12月21日午後11時21分。
 大内久、死亡。享年35だった。》(169ページ)
私は驚いたが、遺体は司法解剖されることになる。
司法解剖というのは、犯罪と死因との関係を明らかにするためのものだと思っていたのだが、83日間集中治療室にいて亡くなった患者も解剖するものなのか。
事故死ではあろうが、死因の特定ではあるまいから、最期までモルモットとして扱われたのではないのか。」
引用終わり 引用元http://letterfromthewind3.cocolog-nifty.com/letter_from_the_wind_3/2007/09/nhk_83_efb8.html

東海村JCO臨界事故の被害者についてのドキュメント
①http://www.youtube.com/watch?v=pYB58P3t_Hs
②http://www.youtube.com/watch?v=DFyBq4sLRhU&NR=1

この件に関して福島原発事故後に立てられた掲示板により詳細な情報、画像が残っています。
http://logsoku.com/thread/hato.2ch.net/lifeline/1300584461/

↓東海村JCO臨界事故についてwikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/東海村JCO臨界事故



ご覧いただきありがとうございます。
より多くの方に知っていただきたいと思いブログランキングに参加しております。ご賛同いただけましたらクリックしていただけると、順位が上がり多くの方の目に留まりやすくなります。
よろしくお願いいたします。

2011年3月/福島原発事故 ブログランキングへ
にほんブログ村 健康ブログへ にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村   にほんブログ村

鋼鉄製の原子炉がメルトダウン→メルトスルーしても
鋼鉄の癒着体質は健全なままなんですね

「官僚=東電=東大=マスコミ」←高い耐震性、対津波性が確認されました
QRコード
QR
.
.
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。