スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

放射性物質を避ける食品、食事

 「~を摂取すれば放射能が排出される、無毒化される」という商品はかずあれど、結局はいかに放射性物質が含まれている(恐れのある)食品、食事を避けるかが放射能の蓄積を抑える特効薬ではないでしょうか。要は「食のダイエットは、放射性物質のダイエットでもある」ということではないでしょうか。
 とはいえ、ダイエットが難しいのは世の悩み。食事量は維持しつつ放射性物質の量を減量するしかありません。福島周辺はもちろん関東東北地方の農林水産畜産物を避けられれば良いのですが、街の八百屋さんのなかには産地を表記してくれていない所や、スーパーでも産地が混合して売られていることがあり、しっかり選別することが難しい状況であります。

 特に気をつけなければならないのは国が「基準値を下回ったから安全だ」とお墨付きを与えたものです。
 福島事故後で身に染みたと思いますが東電、政府、政治家、マスコミは日本人の健康や利益ではなく彼らの利益のために行動しています。
 日本の基準値は500ベクレルkgでそれを下回ったものを安全とお墨付きを与えていますがチェルノブイリの経験で導き出された基準値は37ベクレルkgです。
 これに関してとてもわかりやすくご説明くださっているサイト↓を見つけたのでぜひごらんください。
 
カレイドスコープ』さん
記事「「野菜・米の500ベクレル」は絶対に受け入れてはならない」
http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-901.html

↓のサイトは放射能障害に対する小食・微食・断食効果についてとりあげられています。まさに「食えないなら食わなければいい」を地で行くサイトです。
http://hushoku.fukuwarai.net/


にほんブログ村 健康ブログへ にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村   にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

QRコード
QR
.
.
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。