スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島原発事故後12ヶ月の東京児童に異常なし

 2012年3月の福島原発事故により関東東北に広がった放射能汚染。東京の児童には今年2月までに関して、統計的に放射能病の顕著な"異常はない"ことがわかった。

 今回使用したデータは東京都保健福祉局の『小児慢性疾患等医療券交付 』の統計。小児慢性疾患等医療券とは児童における特定の疾患に対して都が医療費の助成をするもの。今回使用した数値はその申請件数であり、都により却下されたものも含まれている。
東京都保健福祉局 月報(福祉・衛生行政統計)
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/kiban/chosa_tokei/geppo/index.html

↓小児慢性疾患総数 

事故前よりもむしろ減少している

↓その他疾病。放射能に起因しやすい病気でもある。

事故前よりも減少している

 上記のデータからは異常を見出すことのほうが難しい。

 一方で微小ながら事故前よりも増加している疾患があった。
↓妊娠高血圧症候群等

事故前から増加傾向にあったことを踏まえつつも右肩上がりの増加となっている。

↓心臓障害

事故前よりも増加している。しかし前前年よりも大きく減少していることに注目。前年比だけで見ればセシウムの影響としたくなるが、前前年よりも大幅減少していることを見ると放射能の影響は見出し難くなる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

QRコード
QR
.
.
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。