スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小児慢性疾患等医療券交付の統計が更新されていない件

 過去記事『福島原発事故後12ヶ月の東京児童に異常なし』で使用した東京都保健福祉局の『小児慢性疾患等医療券交付 』の統計が2013年3月ぶん以降、更新がされていないのですがどういうことなのでしょうか。
スポンサーサイト

福島原発事故後12ヶ月の東京児童に異常なし

 2012年3月の福島原発事故により関東東北に広がった放射能汚染。東京の児童には今年2月までに関して、統計的に放射能病の顕著な"異常はない"ことがわかった。

 今回使用したデータは東京都保健福祉局の『小児慢性疾患等医療券交付 』の統計。小児慢性疾患等医療券とは児童における特定の疾患に対して都が医療費の助成をするもの。今回使用した数値はその申請件数であり、都により却下されたものも含まれている。
東京都保健福祉局 月報(福祉・衛生行政統計)
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/kiban/chosa_tokei/geppo/index.html

↓小児慢性疾患総数 

事故前よりもむしろ減少している

↓その他疾病。放射能に起因しやすい病気でもある。

事故前よりも減少している

 上記のデータからは異常を見出すことのほうが難しい。

 一方で微小ながら事故前よりも増加している疾患があった。
↓妊娠高血圧症候群等

事故前から増加傾向にあったことを踏まえつつも右肩上がりの増加となっている。

↓心臓障害

事故前よりも増加している。しかし前前年よりも大きく減少していることに注目。前年比だけで見ればセシウムの影響としたくなるが、前前年よりも大幅減少していることを見ると放射能の影響は見出し難くなる。

今後10年の子作りはハイリスク(2011/11/23追記更新)

 今現在、大人の多くはチェルノブイリ事故をタイムリーに経験しマスコミを通じてで被害や影響を目の当たりにしているチェルノブイリ世代のはずです。しかし今回の福島原発事故後の人々のリアクションをみるとどうもすっかり忘れてしまっているかのようなので改めて下記をご確認ください。

ドキュメント 環境クローズアップ「チェルノブイリ・百万人の犠牲者」より
健康と言えるベラルーシの子供はわずか2割だということです。
つまり、8割のベラルーシの子供達はチェルノブイリ事故以前のデータと比べると健康でない状態だということです。
医学的に健康でないだけでなく知的にも標準以下となってしまっているのです。」
http://johukuji.nanaoarchive.com/top/?p=966から引用させていただきました

また、この「障害者8割:健常者2割」という割合は大人にも当てはまるようです。
ウクライナ科学アカデミーのドミトロ・M・グロジンスキー氏のレポート(京大原子炉実験所、今中哲二助教授訳)によると、原発30km圏内からの避難者群は事故後8年で健常者が18%に減少し障害者が82%を占めるまでに増加。被曝した親から生まれた子供も事故後8年で健常児が26%、障害児が74%を占めるまでに増加しているとしています。
『週刊現代7/16・23号』P36「20年後のニッポン がん 奇形 奇病 知能低下」より引用

また奇形児に関しては同レポートで「奇形児が5.7倍に増加」と述べられています。

福島原発事故、最悪「レベル7」 チェルノブイリ級に
http://www.asahi.com/national/update/0412/TKY201104120085.html
2011/9/26現在、↓福島は地球上で最も放射能が強い場所であるという(Top10中チェルノをおさえてNo.1)
http://www.yukawanet.com/archives/3949558.html


え?でもチェルノブイリは最悪の事故で福島の事故よりもはるかに酷かったんだったんだろ?
いえ、福島の方がむしろ酷いです。
up7882.jpg2011051300005513a.jpg
最大で15Ci/k㎡以上ってありますよね。「福島の放射能より多いんだろ」と思う方多いですよね。
福島周辺の汚染図を見ていただくと赤いところが最大値ですが単位をCi/k㎡にそろえてみると398Ci/k㎡。チェルノブイリの最大値より福島の方がはるかに酷いじゃないですか。
じゃあチェルノと福島の最低値のエリアを比較してみると、チェルノのピンクのエリアは1~5Ci/k㎡、福島の青のエリアは8Ci/k㎡。最低エリアを比較しても福島の方が酷いじゃないですか。
http://yulanatume.blog60.fc2.com/blog-entry-101.html を参考にさせていただきました

2011/11/23現在、上記の内容を最新の情報から見直して見るとやはり福島県のみならず茨城、群馬、栃木、千葉はチェルノブイリ原発事故の際の立ち入り禁止区域と同レベルの放射能が存在している場所があることがわかります。
↓2011/11/23朝日新聞朝刊一面から切り抜き ↓文科省航空機モニタリングの結果
cherunobq bq


それでもリアリティが湧かないという方へ。
1986年チェルノブイリ事故以降の日本国内の障害児の数が前年比で2倍近くに増加していることが、厚生労働省の調査から読み取ることができます。http://bbcherno.blog.fc2.com/blog-entry-4.html
日本とチェルノブイリは8000kmも離れているのですが、2倍も増加しています。
しかし福島と沖縄那覇は1700km、那覇と知床岬は2500km程度の距離です。

福島原発事故では障害児の発生が前年比2倍以上は確実でしょう、いえ、どれだけ激増するのでしょうか。見当もつきません。

以上のことを踏まえてするべきことは、今後10年は子作りをしないことです。なぜ10年かというと上の調査データによると1986年の事故後10年経過で障害児の数値が事故前と同水準に戻っているからです。
「10年は長い」というのならせめて2013年以降に発表される障害児に関する統計データを確認するまで待ってください。
健康と言えるベラルーシの子供はわずか2割
8割のベラルーシの子供達はチェルノブイリ事故以前のデータと比べると健康でないのです。

↓くどいようですが
チェルノブイリが残した生物日誌 極端な影響を受けた奇形患者達
http://blog.livedoor.jp/weekchange-beronupes/archives/51175670.html

遺伝子障害、染色体異常など被曝障害は子々孫々にまで受け継がれてゆく可能性NPO法人チェルノブイリ救援・中部の河田昌東氏が指摘しており、広島長崎の際に被爆障害が遺伝することはないとされたのは被爆者の子孫が差別を受けることがないようにとの考慮からで、科学的根拠から遺伝がないと認められたわけではないと指摘されています。
『週刊現代7/16・23号』P36「20年後のニッポン がん 奇形 奇病 知能低下」">『週刊現代7/16・23号』P36「20年後のニッポン がん 奇形 奇病 知能低下」より引用">『週刊現代7/16・23号』P36「20年後のニッポン がん 奇形 奇病 知能低下」より

正直、こんなこと現実では言えません。私の周りにも今年出産された方や幼児を持つ方、これから結婚しようという方がいますが、なかなか言えません。言って余計なストレスに晒すとまずいのでは、などと考えて言えません。
しかしこれは知ろうとする者は残り、そうでない者は残らない、そういうものだと思います。
これを知った方は幸いですどうぞじっくり調べてください。勢いにまかせないでください
子供はあなたの子供であると同時に大切な将来の日本人なのです。


追記更新前の記事はごっちゃにならないように削除しました。
前の記事で頂いたコメントもお引越し↓
* 2011-08-29 00:32 |
名無しさん@ニュース2ちゃん
恐ろし過ぎます。東京ではマスクもせず平気で子供達が川岸で遊んでます。これを許す親は気が狂ってるとしか思えない。平和ボケを通り越してバカボケです。昭和のバブルが日本人を駄目にしてしまった。自分で考える力を持たない、集団でしか行動出来ない猿のようです。なぜチェルノブイリのドキュメンタリー(YouTubeなどで過去のNHKの二回にわたるドキュメンタリーを見る事が出来る。恐ろし過ぎる)とか見て過去の教訓から今後何が日本に襲いかかるか知ろうとしないのか?バカボケ民族の未来は非常に暗い。




ご覧いただきありがとうございます。
より多くの方に知っていただきたいと思いブログランキングに参加しております。ご賛同いただけましたらクリックしていただけると、順位が上がり多くの方の目に留まりやすくなります。
よろしくお願いいたします。


2011年3月/福島原発事故 ブログランキングへ
にほんブログ村 健康ブログへ にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村   にほんブログ村

子供たちに国産の放射性食品をたべさせてはいけない

福島県の子供たちと人々が置かれている状況の深刻さが伺えるドイツの放送です↓。
日本のマスコミが映し出し我々を洗脳しようとしている内容とはまったく異なる状況認識です。
http://www.youtube.com/watch?v=VpdrvozDJJo&feature=player_embedded

スーパー・ホットスポット・マップ

現代ビジネス
「スーパーホットスポットを次々発見
放射能汚染に新事実、この数値を見よ!
全国1000ヵ所を独自調査 〈後編〉」
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/11933

拡散

QRコード
QR
.
.
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。